実録・暴走族 ルート20

STORY

1970年代、それはまさに暴走族戦国時代の幕開けだった。
狂走族から暴走族へと、走りから暴力へ変貌していったチームは各地で群雄割拠し、縄張り争いを繰り返していた。
暴走族の激戦区、三多摩地区の調布市を本拠に甲州街道を縄張りに活動する、凶悪な『ルート・トゥエンティ・カークラブ』は存亡に関わる事件を犯し、二代目のリーダーは引退し、チームの立て直しをはかり立ち上がったのが、三代目のリーダー遠藤京亮(仁科克基)だった。
京亮は持ち前のリーダーシップを発揮し、磐石なチームの礎(いしずえ)を築き上げるべく動き出した。
そして暴走族史上、日本最大組織であった『CRS連合』を復活させた京亮は、更なる修羅の世界へ————。

CAST

仁科克基 伊達裕秋 漆崎敬介
(ナレーター)上野淳

STAFF 発売・販売 (C)表記

製作:川口恵子(プラウドマン)/エグゼクティブ・プロデューサー:山本ほうゆう/企画:山本ほうゆう、江美沢剣士/営業統括:中島 仁(GPミュージアムソフト)/監修:遠藤京亮/プロデューサー:山本芳久/音楽:伊豆一彦/脚本:遠藤夏輝/撮影:河中金美(J.S.C)/照明:笹川 満/録音:佐藤幸哉/制作協力:ウィザードピクチャーズ/企画・制作:アルファ・ワークス/製作:プラウドマン/監督:近藤英総/発売:プラウドマン/販売:GPミュージアムソフト

発売日
2005/3/25
コピーライト
©2004プラウドマン
ツールバーへスキップ