プリテンダーズ

映画のワンシーンのようにファンタジーの力を借りて、
世界を変えようと抗うふたりの17 歳の物語。

【INTRODUCTION】

「前にならえ」「空気を読め」を美徳とするニッポン社会に、ふたりの女子高生が物申す!
彼女たちの武器はSNS とアイディアのみ。プリテンダーズを結成し、次々と型破りなドッキリを仕掛け、リアルとフィクションの混合動画を立て続けに公開。満員電車のケンカを誰もが驚く方法で喜劇に変えたり、ゾンビを街に出現させたり、国家間の問題を過激な方法で解決させようとしたり……。
フィクションをファンタジーへ昇華させ、社会全体に「喜び」の気持ちを増幅させることによって
「世界を変えられるのでは?」と本気で“世直し”を試みるふたり。
引きこもりのひねくれ者・花梨と、花梨の唯一の理解者であり親友・風子。ふたりの女子高校生が巻き起こす、ブラックで痛快&ハートフルなのに前代未聞なシスターフッドムービー「プリテンダーズ」。
本作は、コロナ禍によって日常も常識も激変し、ネット上に無限の情報があふれ返る“今”を生き抜くために大切なことは何かと問いかける。

【STORY】

生時、社会からスルーされ続けたゴッホに自らを重ね、社会に反抗する17歳の花田花梨(小野)は、妻を失った父(古舘)と歳の離れた妹(野田)と暮らしていた。
半ば引きこもりの日々を過ごしていた花梨は、父との言い争いをきっかけに、両親が海外赴任のため一人暮らしをする親友・風子(見上)のアパートへ転がり込むことに。
ある日、渋谷へ向かう道中の電車内で病人に席を譲ったときの得も言われぬ感覚が、花梨にあるひらめきをもたらす。
“現実×フィクション=世直し”
風子の協力を得た花梨は、 “プリテンダーズ”を結成。武器は“アイデア”と“SNS”のみ。
満員電車での諍いを喜劇に変えたり、ゾンビを街に出現させたり……
次々と型破りなドッキリを仕掛け、フィクションの力で世界を変えようと突き進むふたり。
プリテンダーズは、協力者を増やし、RTされ…RTされ…ついにバズる!
しかし、ふたりを待っていたのは[社会]からのしっぺ返しだった…!?

【CAST】

小野花梨 見上愛 古舘寛治
奥野瑛太 吉村界人 柳ゆり菜 佐藤玲 野田あかり 文晟豪 / 加藤諒 浅香航大
松永拓野 浦山佳樹 藤江琢磨 手塚圭太 森本のぶ 赤間麻里子
村上虹郎 津田寛治 / 渡辺哲 銀粉蝶

【STAFF】

監督・脚本・編集:熊坂 出
音楽:YURI SHIBUICHI 主題歌:踊ってばかりの国「ghost」
エグゼクティブプロデューサー:杉田浩光 小出正雪  川島保男
プロデューサー:大西 隼
撮影:南 幸男/撮影助手・照明:井上裕太/録音:弥栄裕樹
ヘアメイク:百瀬広美/助監督・美術・装飾・衣装:葛谷朱美
制作担当・SNS:有田萌花/制作進行・小道具:山内理実/助監督応援:岡下慶仁 中村洋介
アソシエイトプロデューサー:ヤスカワショウゴ 後中徳巳
アシスタントプロデューサー・演技事務:鈴木悠太
スチール:山本宣明/アクションクリエーター:ANIKI/特殊メイク造形:石野大雅
編集コーディネーター:豊里泰宏/カラリスト:河野文香/サウンドデザイン:梅本佳夏 /ダビングミキサー:田中 俊
配給:gaie/配給協力:Mou Pro.
制作プロダクション:テレビマンユニオン
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
発売元:ライツキューブ

【RELEASE】

<製作年度>2021年
<製作国>日本
<DVD仕様>カラー/本編:130分(ディレクターズカット版:セル)、117分(レンタル版)/シネマスコープ/音声:日本語/ステレオ/一層(レンタル版)、二層(セル版)
<特典映像(セル限定)>①メイキング:36分②特別トークショー@第43回PFFクロージング上映:42分
<セル価格>3,960円(税込)

 

発売日
2022/5/25
販売元
ライツキューブ
コピーライト
©2021「プリテンダーズ」製作委員会
ツールバーへスキップ