極道の紋章 レジェンド 第七章

侠たちに潜む裏切りの影

弘和会の猛攻と策略が関西を不穏に陥れる

【INTRODUCTION】

大人気任侠シリーズ「極道の紋章」の続編・第七弾。
白竜と松田一三が再びタッグを組み関西から全国へ勢力を伸ばし極道会の頂点へと進んでいく。
数々の名言を生みだし話題となった夜空で語る極道の生き方も健在。
関東の弘和会が送り込んだ刺客により、義真会が大荒れに。

【STORY】

手打ち破りの件で、津浪(白竜)を呼び出した黒岩(小沢和義)。
しかし、津浪に捕まった道南連合の藤沢(野口雅弘)がすべてを白状し、黒岩は逆に窮地に陥ってしまった。
東堂(本宮泰風)の仲介により、最悪の事態は避けられたが、弘和会は北海道から撤退する事となった。
義真会は全国へと規模を拡大していく中、中条(四方堂亘)からの推薦で新たに名古屋に組を持つ橋本(仁科貴)が会のメンバーに加わった。
津浪は前崎(松田一三)に橋本を押して、名古屋を獲る様に指示するが、前崎は橋本がどのような人間かが掴めないでいた。
そんな中、以前二代目前崎組組長で侠友会の執行部だった島谷(木村圭作)が前崎の前に現れた。
前崎の周りで起こるさまざまな変化。
そこには弘和会の刺客も潜んでいた―。

【CAST】

白竜

松田一三    國本鍾建

大山大介 中川翔太 五十嵐剛 松沢蓮 松本慎司

吉田由一 高橋大介 崔哲浩 野口雅弘 諏訪太朗 石原和海
河本善鎬 本村衆 辻英彦  YU 木下徹 大道順平 小暮信彦

仁科貴 木村圭作 下元史朗 四方堂亘

武田幸三 山口仁 堀田眞三

小沢和義

本宮泰風

【STAFF】

制作:オフィス白竜
製作総指揮・企画:白竜
プロデューサー:片岡修二
脚本:村田啓一郎
ラインプロデューサー:小川幸一
撮影:瀬川龍/録音:山口勉/音楽:岩田浩史
助監督:山鹿孝起/制作担当:須永裕之/編集:桐畑寛
メイク:原田真以子/衣裳:片柳利依子
音響効果・MA:藤本淳/ガンエフェクト:遊佐和寿
ナレーター:赤坂康彦
脚本・監督:片岡修二
製作:極道の紋章レジェンド製作委員会
発売元:極道の紋章レジェンド製作委員会

【RELEASE】

<製作年度>
<製作国>日本
<DVD仕様>カラー/本編70分/16:9ビスタ/音声:日本語/ステレオ/片面1層
<セル価格>4,950円(税込)

 

 

発売日
2022/2/25
コピーライト
©2022 極道の紋章レジェンド製作委員会
ツールバーへスキップ